乳酸菌の定義

日本人の食生活に最も馴染みのある細菌といえば乳酸菌ではないでしょうか。
乳酸菌と聞けばすぐヨーグルトを連想しますが、 味噌や醤油などの発酵食品を作るのにも使用されます。

乳酸菌の定義

糖を分解し、乳酸を作る細菌が乳酸菌です。
乳酸菌は腸内細菌の善玉菌の総称で、ある特定の菌を指しているわけではありません。
乳酸菌の定義は次のようになります。

グラム陽性

細菌は染色により、青に染まる菌をグラム陽性菌、赤に染まる菌をグラム陰性菌に分けます。
乳酸菌はグラム陽性に分類されます。
染色の違いは、細菌の細胞壁の構造の違いからくると考えられています。

細胞の形態

球菌、または桿菌(かんきん)。
球菌は細胞が球状になっていて、桿菌は棒状になっています。

カタラーゼ陰性

カタラーゼは酵素の一種で、酸素呼吸をする動植物および微生物が持つ酵素です。
乳酸菌は酸素を使わず、カタラーゼを持っていないので、カタラーゼ陰性です。

乳酸の生成量

糖を分解し、50%以上の乳酸を作り出すことができるものを乳酸菌とします。

内生胞子(芽胞)

内生胞子は細胞の内側に作られる細胞構造で、熱に強く耐久性が高いのですが、乳酸菌はこれを形成しません。

運動性

乳酸菌は運動性がなく、動きません。

安全性

乳酸菌は毒素を出さず、一般的に安全性が認められています。

腸内細菌

乳酸菌などの腸内細菌は、主に大腸で人にとって有益となる善玉菌、有害な悪玉菌、薬にも毒にもならず多勢な方に加勢する日和見菌が共存しています。
これらの菌のバランスは年齢や食事、ストレスの強さ、生活環境などで人により変わります。
乳酸菌などの善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすことで腸内環境を整えると、腸の働きが活性化し、免疫力のアップ、アレルギーの緩和など健康上の利点が得られます。

乳酸菌の種類

乳酸菌は200種類以上も存在しているといわれています。
主な乳酸菌としてヤクルトに使用され生きたまま腸内に留まり、ビフィズス菌を増やし、腸内環境を整える シロタ株(ヤクルト菌)、アレルギー改善に効くKW乳酸菌、風邪をひきにくい身体にするプラズマ乳酸菌、花粉症やアレルギー緩和に働くフェカリス菌、植物性の乳酸菌であるラブレ菌、ピロリ菌を抑制するラクトパチルス属ガゼリ菌などがあります。

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌

乳酸菌は、植物の糖を分解し乳酸を作る植物性乳酸菌と、乳糖を分解して乳酸を作る動物性乳酸菌があり、植物性乳酸菌は、味噌、醤油、キムチ、ぬか漬け、日本酒などに含まれ、動物性乳酸菌はヨーグルト、ナチュラルチーズ、牛乳、乳酸菌飲料などに含まれています。
植物性乳酸菌は酸や温度変化に強く、腸まで辿り着くチャンスが高いですが、動物性乳酸菌は酸に弱く、腸に届かず死んでしまう場合があります。
植物性乳酸菌は免疫力を向上させ、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状の緩和に効果があり、動物性乳酸菌には整腸作用があります。
植物性、動物性の両方の乳酸菌をバランス良く摂ることが善玉菌を増やし、腸内環境を整えることにつながります。