乳酸菌アシドフィルスの働き

人の体内に住む乳酸菌の一種にアシドフィルスがあります。
この乳酸菌は菌の中でも非常に生存率が高く、人の健康に有益に働きます。
アシドフィルスの働きについて具体的にご紹介します。

アシドフィルス菌とその働き

アシドフィルス菌は、棒状の乳酸桿菌、ラクトバチルス属に分類される乳酸菌の一種で、もともとは人の腸内や口内に存在している善玉菌で、初乳にも多く含まれています。
アシドフィルス菌は熱や酸に強く、摂取した菌の大部分が生きたまま腸まで届き、酸素があっても生きることができる性質があります。
アシドフィルス菌は善玉菌の中で最も強い菌のひとつとして知られています 。
具体的な効能は以下のとおりです。

腸内環境を整える

アシドフィルス菌は小腸と大腸に定住することができ、乳酸を作りだして腸内を酸性にし、悪玉菌を抑制し腸内環境を整える効果があります。

免疫力向上作用

アシドフィルス菌は腸内環境を整えることにより、免疫力を高める効果もあります。
免疫力が高まると、花粉症やアトピー性皮膚炎の症状が緩和されます。
感染症の原因となるウイルスと戦うナチュラルキラー細胞を活性化するアシドフィルス菌も発見されています。

殺菌作用

アシドフィルス菌には強い殺菌作用があります。
従って胃炎や胃潰瘍の原因になるピロリ菌やカビの一種のカンジタ菌を殺菌する効果があります。

虫歯や歯周病、口臭の予防

アシドフィルス菌はミュータンス菌などの虫歯の原因となる菌や、歯周病菌を減菌する働きがあります。
海外では虫歯予防にアシドフィルス菌を添加した歯磨き粉も販売されています。
口臭は、舌苔(せったい)と呼ばれる舌の上の粘膜に雑菌が繁殖することにより発生する場合が多いといわれています。
アシドフィルス菌はこれらの雑菌を減らす効果があります。
また腸内に悪玉菌が多く、腸内環境が良くない場合も口臭の原因になります 。
アシドフィルス菌は腸内環境を整える働きがあるので、口臭の改善にも繋がります。

乳糖分解酵素、ラクターゼの産生

アシドフィルス菌はラクターゼという乳糖を分解する酵素を産生します。
ラクターゼ不足は乳糖不耐症の原因のひとつとされています。
乳糖不耐症は牛乳を飲むとお腹がゴロゴロしたり、お腹を下すといった症状を伴います。

アシドフィルス菌の摂取

アシドフィルス菌はプロバイオティクスとして、サプリメントやヨーグルト、乳酸飲料に添加して市販されています。
アシドフィルス菌の持つ効果を得るためには最低でも数ヶ月間、継続的に摂取することが望ましいです。