乳酸菌とビフィズス菌の関係

乳酸菌とビフィズス菌は、どちらもお腹によい菌というイメージがありますが、このふたつの違いについて聞かれると、答に戸惑う人も少なくないのではと思います。
一見、似ているような乳酸菌とビフィズス菌は、実はそれぞれ違った特徴と役割を持っています。

乳酸菌とビフィズス菌の特徴

乳酸菌は糖を分解し、代謝物の50%以上の乳酸を産生する善玉菌の総称です。
ビフィズス菌は糖を分解し、乳酸、酢酸、葉酸、ビタミンB群を産生する善玉菌です。

分類学上違い

乳酸菌の生物学上の菌属はラクトバチルス属、ラクトコッカス属、エンテロコッカス属などに属し、ビフィズス菌はビフィドバクテリウム属に属します。

形状

乳酸菌は球状と棒状の形をしているので、それぞれ乳酸球菌、乳酸桿菌と呼ばれます。
ビフィズス菌はYやVの形をしているので、ラテン語で分岐を意味するビフィズスと命名されました。

菌の数

人の腸内に住む善玉菌の99.9%を占めるのがビフィズス菌で、その数は1兆〜10兆個とされるのに対し、乳酸菌は善玉菌の0.1%以下の1億〜1000億個で、ビフィズス菌に比べ非常に少なくなっています。

生存場所

乳酸菌は人や動物の腸内、ヨーグルト、チーズなどの乳製品、キムチやぬか漬け、味噌、納豆などの発酵食品の中に生存しています。
通性嫌気性という酸素があっても生息できる性質があるので、自然界一般に広範囲に渡り存在します。
ビフィズス菌も人や動物の腸内に存在しますが、乳酸菌と違い、偏性嫌気性という酸素があると生存できない性質を持ちます。
このことからビフィズス菌は酸素の少ない大腸に多く存在します。

乳酸菌とビフィズス菌の関係

乳酸菌もビフィズス菌もどちらも善玉菌で、人の腸内で整腸作用の働きがあります。
乳酸菌は圧倒的にビフィズス菌よりも少ないですが、乳酸菌には悪玉菌を抑制し、ビフィズス菌を増やす効果があり、腸内環境を整える大きな役割を果たしています。
ビフィズス菌は殺菌効果の高い酢酸を産生し、悪玉菌を強い力で抑制することができます。
悪玉菌が抑制されると、腸内環境が改善され、腸内のアンモニアなどの有害物質が減少します。
ビフィズス菌は酢酸以外にも葉酸やビタミンB群などの栄養成分も産生します。

このように、乳酸菌とビフィズス菌はどちらも健康には欠かせない善玉菌ですが、分類上は全く異なる菌同士です。
乳酸菌はビフィズス菌をサポートする役割があり、その数は少なくても腸内環境改善に大きく貢献します 。
乳酸菌とビフィズス菌の両方を継続的に摂取することが健康上好まれます。