乳酸菌の体内での働き

乳酸菌は牛乳やヨーグルトだけでなく、ぬか漬けや味噌、醤油などにも入っている人に有益な細菌です。
乳酸菌は体内で具体的にどのような働きをするのかをご紹介します。

乳酸菌の働き

乳酸菌は酸にそれほど強い菌ではないため、摂取すると胃酸の影響で、腸に辿り着くまでに死んでしまうケースが多くあります。
ごく僅かな乳酸菌が腸に届きますが、一旦、腸に到達した乳酸菌は腸内で増殖し、腸内環境を整え、免疫機能の改善に働きます。
乳酸菌には植物性と動物性がありますが、腸まで届きやすいのは酸に強い植物性の乳酸菌です。
植物性の乳酸菌は、ぬか漬け、キムチ、味噌、醤油、日本酒、納豆などに含まれ、動物性の乳酸菌はヨーグルト、発酵バター、乳酸菌飲料、ナチュラルチーズなどに含まれています。
腸まで到達せずに死んだ乳酸菌はその後、善玉菌のエサとなり免疫力のアップに効果をもたらすという説もあり、そのあたりについてはまだ研究段階で、はっきりとは解明されていません。

整腸作用

乳酸菌の効果としてまず整腸作用があります。

悪玉菌の抑制

人の腸内には有益な善玉菌、有害な悪玉菌、毒にも薬にもならず、多勢に加わる日和見菌が共存しています。
その種類は100を越え、数は100兆個にものぼるといわれています。
善玉菌はその名の通り、人の体に良い働きをする菌で、乳酸菌やビフィズス菌などがあります。
中でも乳酸菌は腸内を酸性に保ち、病原菌など、健康の害となる悪玉菌の働きを抑える抗菌作用があり、免疫機能を高めます。

下痢便秘の改善

乳酸菌は下痢にも便秘にも効果があります。
乳酸菌はオリゴ糖や食物繊維など、人の腸では消化吸収されない物質をエサにして腸内で多くの乳酸を産生し、腸の動きを活発化させ、消化吸収を促進します。

アレルギー症状の緩和

花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患は、くしゃみ、鼻水、湿疹、目のかゆみなどの不快な症状が伴います。
アレルギーの原因のひとつは、免疫力の低下による体の過剰反応だとされています。
乳酸菌は腸内環境を改善し、免疫機能の働きを正常にする効果を持っていますので、アレルギー症状の緩和に役立つと期待されています。

腸内環境が改善されると?

乳酸菌の大きな働きは腸内環境の改善です。
腸内環境が改善されることによる効果は多くあり、上記の便秘、下痢、アレルギー症状の改善のほかにもダイエット、肌荒れ、ストレスの緩和などがあります。
乳酸菌は薬ではないので、摂取しても即効力はありません。
乳酸菌はいろいろな食品に含まれ、食べ物から摂取した場合、数日で体外に排出されます。
従って、植物性、動物性乳酸菌をバランスよく毎日の食生活に継続的に取り入れる事により、その効果を得ることができます。