カスピ海ヨーグルトの乳酸菌

長寿人口の多いカスピ海近くのコーカサス地方で食されているヨーグルトを 1986年、家森幸男博士が日本に持ち帰リ、その後広まったのがカスピ海ヨーグルトです。
このヨーグルトに含まれている乳酸菌はクレモリス菌FC株という種類です。

クレモリス菌FC株とは?

コーカサスから日本に持ち帰られたヨーグルトにはクレモリス菌FC株が含まれていました。
クレモリス菌FC株は楕円形の菌が繋がっている連鎖球菌と呼ばれる種類の菌で、 元々日本にはない乳酸菌でした。

プロバイオティクス

クレモリス菌FC株は、生きたまま腸に届く、プロバイオティクスであることが実験により確認されています。

EPSを産生

クレモリス菌FC株は、発酵中にEPS(エキソポリサッカライド)という、人の消化液では分解できない物質を産生します。
この物質は、カスピ海ヨーグルトの独特の粘りを生み出す原因となります。
EPSも腸まで届くと考えられています。
この物質は他の乳酸菌のヨーグルトには含まれず、免疫細胞を活性化する性質を持っています。

クレモリス菌FC株の効果

整腸作用

一般的に乳酸菌には整腸作用があるとされていますが、クレモリス菌FC株は生きたまま腸に届く乳酸菌であり、腸内環境を整え、下痢や便秘解消の効果があります。

免疫力向上

クレモリス菌FC株は、腸内環境を整えることにより免疫力を向上させ、ウィルス性の疾患の予防、改善に働きます。

アレルギー症状の緩和

実験によると、クレモリス菌FC株は、アレルギーの原因となる血液中のIgE(抗体)レベルを下げることが明らかになっています。
従って、花粉症やアトピー性皮膚炎の症状の改善に効果があります。

生活習慣病の改善

クレモリス菌FC株は血糖値の上昇を緩やかにし、インスリンの上昇を抑える働きがあります。
また、中性脂肪を減らし善玉コレステロールを増やすので、メタボリックシンドロームをはじめ、糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病の予防に効果があります。

美肌効果

肌はストレスの影響を受けます。
ストレスが高まると、肌を健康に保つ機能がうまく働かなくなり、肌荒れなどのさまざまなトラブルの原因となります。
クレモリス菌FC株はストレスからくる肌の機能の低下を防ぐことが明らかになっています。

手作りカスピ海ヨーグルト

クレモリス菌FC株は発酵の温度が低く常温で発酵するので、 粉末種菌と牛乳で仕込みをすれば、あとは固まるのを待つだけで、簡単に家庭でカスピ海ヨーグルトを作ることができます。
固まるまでの日数は、気温により多少の違いがありますが、通常1〜3日でできあがります。