乳酸菌フェカリス菌って?

乳酸菌の中でもフェカリス菌は他の菌と少し違ったタイプで、熱に強く加熱殺菌によりその効果が高まる菌として注目されています。
フェカリス菌の特徴や効果、性質についてご紹介します。

フェカリス菌とは?

フェカリス菌は人の腸内から発見された乳酸菌の一種で、腸球菌エンテロコッカス属フェカリス菌のことを指します。
腸球菌というように、形は球状で大きさは他の乳酸菌と比べると非常に小さく、狭いところに行き渡る利点があります。

加熱殺菌

フェカリス菌の大きな特徴は菌が加熱殺菌されている点です。
従来、他の種類の乳酸菌やビフィズス菌のように、生きている菌が腸に届くことが腸内環境を整えるための条件とされてきました。
しかし生きた菌が腸内に届いても、先住菌が居る環境では定住して増殖することは非常に難しいという学説もあります。
加熱殺菌されたフェカリス菌は善玉菌を増やし、悪玉菌を抑制することができ、腸内環境を整え免疫機能を向上させることができます。

フェカリス菌の利点

乳酸菌は多く摂取すればする程、腸内での増殖に効果が出るといわれています。
生きた菌を多量に食品に添加するのはなかなか容易ではありませんが、加熱殺菌されたフェカリス菌は加工や品質管理の手間がかからず、比較的簡単に多量の乳酸菌を摂取することができます。
また常温の食品にも添加、摂取が可能です。

フェカリス菌の効果

フェカリス菌は加熱殺菌されることにより、免疫力の一層のアップが可能となります。

花粉症、通年性アレルギー性鼻炎の改善

スギ花粉患者を対象にした実験で、フェカリス菌は目のかゆみや鼻水などの花粉症の症状を緩和する働きがあることが認められています。
また、通年性のアレルギー性鼻炎に対しても、効果があることが報告されています。

感染症などの予防

フェカリス菌は免疫力をアップし、感染症を予防、撃退します。
また癌の発症を予防する効果も期待されます。

整腸作用

フェカリス菌は腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整え便秘、下痢の予防と改善に効果があります。
フェカリス菌は他の乳酸菌と違い、一度に多量の乳酸菌を摂取できるという特徴があるので、それにより善玉菌の増殖も早く進みます。

血圧、コレステロールの低下

フェカリス菌は悪玉菌を抑制し、悪玉コレステロールを少なくし、血圧を下げる効果があることが実験により確認されています。
現在、フェカリス菌を含むヨーグルトやサプリメントの数々が市販され、手軽にフェカリス菌を摂取できるようになりました。
フェカリス菌は人の腸内に存在していますので、それらが活性化できるように水溶性の食物繊維が含まれた野菜や果物もバランスよく日々の食事に取り入れましょう。