乳酸菌でピロリ菌対策

ピロリ菌は胃潰瘍や胃がんの原因となり、感染すると非常に厄介な悪玉菌として知られています。
最近の研究によると、乳酸菌にピロリ菌の予防効果があることがわかってきました。
乳酸菌はピロリ菌に対しどのように働くのでしょうか。

ピロリ菌とは?

ピロリ菌は、長さが4ミクロン程のらせん形の、先端にべん毛と呼ばれる細長い毛のようなものが数本ついている細菌で活発に動くことで知られています。

ピロリ菌の除菌

ピロリ菌は人の胃の粘膜に生息し胃炎や胃潰瘍の原因となります。
ピロリ菌に一度でも感染すると、ほとんどの場合、その後ずっと胃に住み続けるといわれています。
ピロリ菌の除菌は病院で抗生剤の投薬により行われますが、副作用が出ることもあります。

胃に生息できるピロリ菌

胃の中は胃酸の影響で、pH 1〜2の強い酸性となっているので、通常、細菌は住むことができません。
ピロリ菌もpH 4以下では生きられないのです。
しかしピロリ菌はウレアーゼと呼ばれる酵素を持ち、胃の中にある尿素を分解してアルカリ性のアンモニアを作り出し、菌のまわりの酸を中和することができるので胃の中に生息することが可能になります。

ピロリ菌に感染すると?

ピロリ菌に感染すると胃の粘膜が傷つき、胃炎をはじめ、さまざまな病気を発症する可能性があります。
ピロリ菌が関係する病気には、胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がん、胃ポリープなどがあります。

ピロリ菌の感染原因

ピロリ菌の感染原因についてはまだはっきりとは解明されていません。
ただ、経口感染があるのは確かで、唾液から菌が検出されています。
特に幼児期の感染が多いのですが、その理由として幼児の胃は胃酸が弱く、ピロリ菌が生育しやすい環境だからと考えられています。
ピロリ菌を保有している親から幼児への離乳食の口移しによる感染も考えられます。
上下水道の設備が普及していない地域での飲料水からの感染もありますが、現代の日本では飲料水からの感染は考えにくく、衛生面の環境がしっかりと整っている場合、ピロリ菌の感染率は低下します。

乳酸菌でピロリ菌対策

ピロリ菌の除菌には抗生剤の投与が一般的ですが、一方で、副作用のない乳酸菌でのピロリ菌対策が注目されています。
ピロリ菌対策に効果があるのはLG21乳酸菌で正式名称はラクトバチルス・ガセリ・OLL2716です。
LG21乳酸菌はラクトバジルス属の乳酸菌で、ピロリ菌を除菌する効果があることが確認されています。
LG21乳酸菌は胃酸に強く胃の中で生存することが可能です。
LG21乳酸菌は増殖力も強く、ピロリ菌を殺菌する乳酸を産生し、胃の粘膜に長く留まることができます。
乳酸菌は薬ではないので副作用の心配もなく、安心して摂取することができます。
乳酸菌だけでピロリ菌の除菌ができるかは個人差があり断定できません 。
しかしLG21乳酸菌はピロリ菌を減少させ弱らせることは確かなので、処方薬と併用して摂取するとより効果的です。