ヒト由来の乳酸菌

乳酸菌には植物性と動物性のものがよく知られていますが、ヒト由来の乳酸菌はどうでしょうか。
長年に渡り販売されている市販の整腸剤にもヒト由来の乳酸菌が入っています。
ヒト由来の乳酸菌とは、どんな働きがあるのでしょうか?

ヒト由来の乳酸菌

ヒト由来の乳酸菌は文字通り人の腸内にいる乳酸菌を培養し、分離精製した乳酸菌です。
人は乳児の頃にすでに100兆個の乳酸菌を腸内に持っていますが、加齢と共にその数は減っていきますので、健康を保つため、必要に応じた摂取が好ましいといわれています。
一般にヒト由来の乳酸菌は酸に強く、腸まで届きやすいという利点がありますが、その種類は複数存在し、効果は菌によりさまざまです。
しかし元々は人の体内にあった菌なので、人との相性はよいとされています。
生きたまま腸に届き、定着性が高く、殺菌済みであっても効果があるということがヒト由来の乳酸菌の特徴です。

ヒト由来の乳酸菌の種類

ヒト由来の代表的な乳酸菌は以下のものがあります。

FK-23乳酸菌(エンテロコッカス・フェカリス・FK-23)

国内で最初に加熱処理された乳酸菌で、高い免疫効果があり感染症の予防、アトピー性皮膚炎の緩和、抗がん剤の副作用緩和に働きます。

T2055乳酸菌(ラクトバチルス・ガセリ・SBT2055)

雪印メグミルクの研究所で培養された乳酸菌で、生きたまま腸に長く留まるという特徴を備えています。
ダイエット、メタボリックシンドロームの予防効果があります。

L-92乳酸菌(ラクトバチルス・アシドフィルス・L-92)

カルピス社により発見された乳酸菌で、スギ花粉症、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎などのアレルギー症状の緩和に優れた効果を発揮します。

EC-12乳酸菌(エンテロコッカス・フェカリス・EC-12)

乳酸菌の中でも加熱処理をされた非常に小さい乳酸菌で、少量の摂取で多くの乳酸菌を摂取できる利点があり、整腸作用、免疫力アップに有効です。

L・カゼイYIT9029乳酸菌(ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株)

ヤクルトに含まれている通称ヤクルト菌で有名な乳酸菌です。
代田稔医学博士により発見された菌で、生きたまま腸に届き腸内環境を改善します。
NK細胞という免疫細胞を活性化し、アレルギー症状を改善します。

動物性や植物性の乳酸菌サプリメントやヨーグルトを試しても、なかなか自分に合ったものが見つからない方は、ヒト由来の乳酸菌を試してみるとよいといわれています。
ヒト由来の乳酸菌入りのヨーグルトやサプリメントはいろいろな種類が市販されていますので、是非一度お試しください。