乳酸菌ラブレ菌の特徴

植物由来の乳酸菌は和食の味噌、醤油、納豆、漬け物にも含まれていることが知られていますが、京都の漬け物、すぐき漬けから発見された乳酸菌にラブレ菌があります。
ラブレ菌とはどんな特徴のある乳酸菌でしょうか?

すぐき漬けとは?

すぐき漬けは京都の伝統的な漬け物で、かぶの種類である酸茎菜(すぐきな)を使って作る乳酸発酵の漬け物です。
すぐき漬けは塩をまぶして発酵させた酸味のある風味が特徴的で、しば漬け、千枚漬けと合わせ、京都の三大漬け物とされています。
すぐき漬けはラブレ乳酸菌と食物繊維を多く含みます。

ラブレ菌の特徴と効果

ラブレ菌の正式名称は、ラクトバチルス・ブレビス・サブスピーシス・コアギュランス で、1993年にルイ・パスツール医学研究センター(京都)で発見されました。
ラブレ菌の名称は、ラクトバチルス属の「ラ」とブレビス種の「ブレ」を組み合わせ命名されたといわれています。
一般に、植物由来の乳酸菌の生命力は強く、過酷な環境でも生き伸びることが多いのですが、中でもラブレ菌は特に生命力の強い乳酸菌として知られています。
ラブレ菌は塩分と胃酸や胆汁に対する耐性が強く、生きたまま腸に届き、腸内に留まることが確認されています。
そんなラブレ菌の効果には以下のものが有ります。

腸内環境を整える

摂取したラブレ菌は腸に届き、腸内に留まります。
ラブレ菌は腸内を酸性にし、善玉菌と悪玉菌のバランスを整え、腸内環境を整えます。
便秘や下痢の解消にも効果があります。
腸には人の体の全免疫機能の60%が備わっていますので、腸内環境が改善されると免疫力も当然強くなります。

免疫力の向上

体内に侵入したウイルスを攻撃するナチュラルキラー細胞は、インターフェロンと呼ばれるたんぱく質によって活性化されます。
ラブレ菌はこのインターフェロンの生成を促す働きがあり、免疫力を向上させ、インフルエンザなどの感染症の予防に効果があります。

コレステロール低下

ラブレ菌は血中のコレステロール値を下げる働きがあり、動脈硬化や心臓病などの予防に働きます。

美肌効果

悪玉菌が減り腸内環境が整うと便秘が解消され、肌荒れやにきびなどの肌のトラブルの改善に効果が期待されます。

ラブレ菌摂取の注意事項

ラブレ菌は京都のすぐき漬けに入っていますが、簡単には入手できないため、サプリメントや乳酸菌飲料などに添加して販売されています。
ラブレ菌が添加されているからといって、加糖された乳酸菌飲料などを飲み過ぎると糖分の過剰摂取に繋がります。
また漬け物を食べ過ぎると塩分の摂り過ぎになり、かえって健康を害してしまいます。
それぞれの添加物をよく確かめ、摂り過ぎないように注意しましょう。