ラクトフェリンと乳酸菌を一緒に

汗や涙、唾液に含まれる強い抗菌活性を持つたんぱく質にラクトフェリンがあります。
乳酸菌とラクトフェリンには相乗効果があり、一緒に摂取すると腸内環境の改善が進み、健康維持に役立ちます。

ラクトフェリンとは?

ラクトフェリンは牛乳の中から発見されたたんぱく質で、鉄と結合しやすい特徴を持ちます。
ラクトは乳、フェリンは鉄との結合を意味します。
ラクトフェリンは母乳に多く含まれ、中でも出産後数日間に出る初乳に最も多く含まれ、新生児の健康に寄与します。
ラクトフェリンは熱に弱く、殺菌すると効果がなくなります。
このため、市販の高温で殺菌されている牛乳にラクトフェリンはほとんど存在しないので、ラクトフェリンが添加されているヨーグルトやサプリメントから摂取することになります。
ラクトフェリンの安全性は確認されているので安心して摂取できますが、牛乳から取れるたんぱく質のため、牛乳アレルギーのある方は摂取できません。

ラクトフェリンは感染症やがんの予防、貧血の改善、そして高い抗菌力があり、ピロリ菌や歯周病菌を抑制します。
また、ナチュラルキラー細胞と呼ばれる免疫細胞を活性化し免疫力を高めます。
大腸がんになる可能性がある大腸ポリープの成長を抑制する働きも認められています。

ラクトフェリンと乳酸菌の相乗効果

ラクトフェリンはたんぱく質ですが乳酸菌は細菌で、このふたつは全く違う性質のものです。
ラクトフェリンは腸内で増殖できませんが、腸内細菌の働きを助け、善玉菌の活性化に貢献することができます。
ラクトフェリンはビフィズス菌を増やす働きがあります。
従って乳酸菌入りのヨーグルトと一緒に摂取すると、乳酸菌がビフィズス菌のエサとなり、整腸作用を高め、下痢や便秘の解消にも繋がります。
整腸作用が高まると腸内環境が改善されます。
このことからラクトフェリンと乳酸菌は相乗効果があり、同時に摂取することにより、より効率的に健康上の効果を得ることができるといえます。

ラクトフェリンの研究について

ラクトフェリンは酸や酸素にも分解されやすい性質があり、腸まで届けるためにカプセル入りのサプリメントが多く販売されています。
その一方で、ラクトフェリンは胃で分解されると、より強力な抗菌力を発揮する物質が作られるという学説もあります。
ラクトフェリンの働きについてはまだ解明されていない部分も多く、今後の研究結果が待たれます。