口内にも乳酸菌

乳酸菌は腸内だけでなく口内にも存在し、善玉菌として口の中の健康を保つ大切な役割を担っています。
口内の乳酸菌は乳酸桿菌の一種で、一般的なヨーグルトなどの発酵食品に含まれている乳酸菌とは同じではありません。

乳酸菌ls1とは?

人の唾液の中には乳酸菌ls1と呼ばれる善玉菌がいます。
乳酸菌ls1は歯周病の原因である口内の悪玉菌を抑制し、細菌のバランスを整える働きを担っています。
市販の乳酸菌飲料やヨーグルトに含まれる乳酸菌は腸内で働きますが、口内で働く乳酸菌は乳酸菌ls1という種類なので、いくらヨーグルトを食べても口内の乳酸菌ls1を増やすことはありません。

乳酸菌ls1は元々人の口の中に住んでいます。
乳酸菌ls1は口内の細菌の総数は変えず、善玉菌と悪玉菌のバランスを変える働きがあり、悪玉菌の数を減らし、悪玉菌が作る有害物質を抑制します。
歯周病はジンジバリス菌と呼ばれる悪玉菌が、糖尿病や加齢などによって免疫力の落ちた人の口内で増殖し、細胞を破壊することにより発症します。
日頃の歯磨きを怠っても歯周病になる可能性があります。
乳酸菌ls1はこのジンジバリス菌を殺菌する効果があり、歯周病の予防に有効な働きをします。
また乳酸菌ls1は口臭を抑制する働きがあることも研究により確認されています。

酸に弱い乳酸菌ls1

乳酸菌は糖を分解し乳酸を産生します。
乳酸菌ls1が増えると乳酸も増えるので、口内が酸性に傾き、虫歯の原因になるのではとの疑問も出てきます。
乳酸菌ls1は酸に弱い性質で、生み出した乳酸がある程度の量になると、その酸によって死滅してしまいます。
臨床試験では、唾液が酸性やアルカリ性の傾向にある人が、乳酸菌ls1を摂ると中性に戻るという結果が出ています。
口内環境は中性が理想的だとされています。

乳酸菌ls1と虫歯菌

虫歯菌はミュータンス菌と呼ばれ口内にいます。
乳酸菌ls1はミュータンス菌を死滅させる働きはありませんが、その増殖を抑制することはできます。
乳酸菌ls1は歯の表面に付着する不溶性グルカンという虫歯を発症させる物質の生産を抑制します。
この不溶性グルカンの生産が減ると、虫歯の発生を抑えられるのではと考えられています。

乳酸菌ls1の摂取方法

乳酸菌ls1を摂取できるのはサプリメントからになり、口の中に留まるタブレットタイプのものが市販されています。
このタブレットは子供から大人まで摂取することができます。
継続して摂取するとより効果的です。
歯周病や口臭予防のためには口内を清潔に保つようにし、規則正しい生活をする事が大切です。
喫煙や睡眠不足、ストレスも口臭の原因となります。