乳酸菌のプロバイオティクス

病気になると病院で抗生物質を処方される事がありますが、抗生物質(アンティバイオティクス)は病原菌を殺す作用があると同時に、副作用として耐性菌の発生問題があります。
それに相反する考えがプロバイオティクスです。

プロバイオティクスの定義とは?

プロバイオティクスは1989年にイギリスの微生物学者、フラー博士により提唱された定義「腸内フローラバランスを改善することにより人に有益な効果をもたらす生きた微生物」のことを指します。
2001年には食料農業機関と世界保健機関の専門家会議によって「適切な量を与えられた際に人に健康上の利点をもたらす生きた微生物」と定義されました。
尚、日本国内では特に定義はされていません。

生きた善玉菌の利用

人は健康でいるためには体内の環境を整える必要があります。
人の体内に住む善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れると病気になるという考えから、善玉菌を積極的に摂り入れることにより健康を保とうという概念から生まれたのがプロバイオティクスです。
プロバイオティクスでは、生きた善玉菌を使うことが大切な定義となっています。

プロバイオティクスの応用

プロバイオティクスは体の広範囲にわたる消化器官に関係する病気、ウイルス性の下痢や胃腸炎、便秘、アレルギー、癌、泌尿器疾患、血管疾患など多くの疾患に応用できます。

プロバイオティクスの条件は安全性、腸に届く、悪玉菌を減らす、腸内環境を整える、腸内で増殖できる、抗菌性物質を産生し病気を予防する、摂取が簡単、商品化でき価格が安い点が揚げられます。
このような条件にあった菌がプロバイオティクスとして利用されます。

プロバイオティクスの乳酸菌

プロバイオティクスの乳酸菌には多くの種類があります。
代表的な乳酸菌とその働きは以下のとおりです。
                
ブルガリア菌悪玉菌の抑制、整腸作用
ラクトバチルス・
カゼイ・シロタ株
便秘、下痢の改善、免疫力向上
クレモリス菌便秘改善、コレステロール低下、免疫力向上
LG21乳酸菌ピロリ菌撃退
乳酸菌LS1歯周病菌の抑制
ラブレ菌整腸作用
ラクトバジルス・プレビス菌整腸作用、コレステロール低下
ガセリ菌SP株メタボ解消

プロバイオティクスへの期待

プロバイオティクスに期待する効果は腸内環境に良い影響を与え、免疫機能を向上させ、アレルギーや腸炎、動脈硬化などの病気の予防と改善です。
乳酸菌においては、口内から胃、腸までの活躍が確認されていますが、 乳酸菌は数日程度体内に留まりますが、その後は排出されてしまいますので 継続して摂取することが大切です。
プロバイオティクスの副作用も特に報告されていません。