プロテクト乳酸菌の特徴

乳酸菌はヨーグルトや乳酸菌飲料だけでなく、味噌、醤油、納豆、ぬか漬けなどの日本古来の発酵食品にも含まれています。
そしてそれらは植物性乳酸菌として動物性乳酸菌と区別されています。
しば漬けから発見された乳酸菌にプロテクト乳酸菌があります。

プロテクト乳酸菌の特徴

プロテクト乳酸菌は、200種類以上も存在する乳酸菌の中でも非常に強い乳酸菌のひとつとして知られています。
プロテクト乳酸菌の大きな特徴は60ナノメートル以上もある細胞壁の厚さにあり、この厚さがプロテクト乳酸菌の強さとなっています。
細胞壁は免疫力と密接に関係しています。
免疫力とは、病原菌から体を防御する力のことで、免疫力が強いと病気に罹りにくくなります。
免疫細胞の60%は腸内にあり、病原菌から体を守っています。
プロテクト乳酸菌は、非常に厚い細胞壁が免疫力を高める要素となり、腸にある免疫細胞を活性化させます。

何故、細胞壁が厚いと免疫力が高まるのでしょうか?
細胞壁が厚いと、体内で胃酸や胆汁の影響から細胞が損傷したり、あるいは死滅する確率が減り、乳酸菌が腸内まで届きやすくなります。
また、細胞壁には免疫を活性化させる成分が多く含まれています。
腸まで届いたプロテクト乳酸菌は免疫細胞のTh1細胞やNK細胞を活性化させ、ウイルスに対する抵抗力を強め、免疫力を強化します。

プロテクト乳酸菌の体への効果

インフルエンザの予防

プロテクト乳酸菌はインフルエンザに罹りにくくする働きがあり、また、インフルエンザワクチンの効果を増すことが研究により確認されています。

ストレス性免疫力低下の改善

ストレスがたまるとすぐにイライラしたり、便秘や肌荒れなど体への悪影響も多く、免疫力も低下します。
プロテクト乳酸菌は、ストレスからくる免疫力の低下を改善する働きがあります。
ストレスはためないようにする事が最善ですが、現代社会ではなかなか難しいものです。
不規則な食生活や睡眠不足を避けるようにし、少しでもストレスが減るような生活習慣の見直しが必要です。

アレルギーの緩和

プロテクト乳酸菌は、花粉症などのアレルギーの諸症状である鼻水、目のかゆみ、湿疹などを緩和する働きがあります。
これはプロテクト乳酸菌が直接症状の緩和に作用するのではなく、免疫力を向上することにより、間接的にアレルギー症状の緩和に貢献するということです。

プロテクト乳酸菌はしば漬けから発見されたので、しば漬けを食べると摂取できますが、しば漬けは塩分が多いので、摂りすぎると逆に健康を害してしまう可能性もあります。
プロテクト乳酸菌のサプリメントが販売されていますので、必要に応じて摂取してみるといいでしょう。