乳酸菌とヨーグルト

ヨーグルトは発酵乳に分類され、牛乳を乳酸菌や酵母を使い発酵させたものです。
美味しいヨーグルトを作るには乳酸菌の働きが鍵といわれています。
乳酸菌の違いから多くの種類のヨーグルトが市販されており、栄養価も高く、牛乳が苦手の方にもおすすめです。

ヨーグルト

ヨーグルトは無脂乳固形分が8%以上、乳酸菌か酵母が1ml中に1000万以上、大腸菌群が陰性であることと厚生労働省の乳等省令に定められています。
ヨーグルトは脂質、たんぱく質、糖質、ミネラル、ビタミンがバランス良く含まれている栄養価の高い食品です。
元々、牛乳を発酵させて作るので牛乳と同じ栄養成分が得られ、さらにカルシウムの吸収が牛乳よりも優れています。
たんぱく質の消化と吸収も牛乳に比べ良くなります。
牛乳を飲むとお腹の調子が悪くなる乳糖不耐症の方も、ヨーグルトは乳酸菌により乳糖の一部が分解されているので摂取が可能になります。
とはいえ、ヨーグルトの乳糖は完全に分解されている訳ではないので、中には下痢をおこす方もいます。
少しずつ様子を見ながら食べるようにしましょう。

乳酸菌

乳酸菌は糖を分解して乳酸を50%以上の割合で作り出すことのできる細菌の総称です。
乳酸菌は人や動物の腸内や自然界に存在し、その種類は200 以上にのぼり、ヨーグルトだけでなく味噌や納豆、醤油、ぬか漬け、日本酒などのさまざまな発酵食品を作るために用いられています。

乳酸菌の体への効果

乳酸菌は腸内の善玉菌を増やすことにより腸内を酸性にし、酸を嫌う悪玉菌を抑制し、腸内環境を整えます。
腸内環境が整うと便秘や下痢が解消され、免疫機能も高まるので、花粉症などのアレルギー症状の緩和や肌荒れ改善にも期待ができます。
乳酸菌はヨーグルトの味を美味しくする働きがあり、保存性を高めます。

ヨーグルトに使われる乳酸菌とその特徴

ヨーグルトに使われている主な乳酸菌はガゼリ菌、ブルガリクス菌、サーモフィルス菌、アシドフィルス菌、そして乳酸菌の仲間のビフィズス菌などがあり、それぞれの菌の特徴を備えたヨーグルトを作るのに役立っています。
ガゼリ菌は整腸作用、内臓脂肪の蓄積抑制、ブルガリクス菌とサーモフィルス菌は組み合せることにより、より多くの乳酸を産生し整腸作用を高め、アシドフィルス菌は高い生存率があり、胃炎の原因となるピロリ菌を抑制する働きがあります。
ビフィズス菌は花粉症などのアレルギー症状の緩和に効果が期待されます。
乳酸菌の発酵のかたちは、糖を分解し乳酸だけを作り出すホモ型と、乳酸と酢酸、炭酸ガスを作り出すヘテロ型があります。

プレーンタイプのヨーグルトは牛乳とほぼ同じ栄養価となりますが、加糖されているヨーグルトはカロリーが高くなり、栄養成分も違ってきます。
できればプレーンタイプを選び、物足りない場合はハチミツなどをかけて食べるとより健康的です。